リオデジャネイロ・パラリンピック陸上日本代表選手最年長。61歳の弱視ランナー西島美保子(福井市)が、今大会から採用された女子視覚障害者マラソンに臨む。「まともに勝負したら若い選手の方が強い」が、西島...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)