米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡る訴訟で、県が敗訴した16日、記者会見した翁長雄志(おなが・たけし)知事は、国側主張を全面的に認めた福岡高裁那覇支部判決を強く批判した上で、今後...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)