東北楽天の塩見貴洋は序盤から失点を重ね、5回3失点で敗戦投手に。毎回安打を許す苦しい投球で守備から攻撃のリズムを生み出せず、「相手優位で試合を進められてしまった」と悔しがった。  一回2死三塁で角中...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)