国土交通省は16日、三菱自動車とスズキの燃費不正問題を受けた再発防止策の最終報告書を公表。メーカーが虚偽申請した場合、自動車の生産を停止させる措置を導入するほか、30万円以下の罰金の対象とするなど処分...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)