諏訪市の諏訪大社上社本宮で十五日、県無形民俗文化財の「十五夜祭奉納相撲」があり、地元神宮寺区の青年力士たちが江戸時代から伝わる相撲踊りを奉納した。  化粧まわしを着けた三十代の十一人が拝殿前の斎庭...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)