東北楽天打線は先発武田翔太に7回無得点に封じられた。三回までに12失点と大量リードを許し、梨田昌孝監督は「相手にとって楽な展開になり、伸び伸び投げさせてしまった」と算段が狂った様子だった  力のある...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)