日本体操協会は14日、都内で常務理事会を開き、リオ五輪で団体総合と個人総合の2冠に輝いた男子の内村航平選手(コナミスポーツ)に最高額となる報奨金1千万円を贈ることを決めた。これまでの最高は昨年の世...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)