相模原の障害者施設殺傷事件に関する厚生労働省の検討チームは14日、経緯の検証結果に関する中間報告を公表した。植松聖容疑者(26)の措置入院解除を巡る病院や相模原市の対応に関し、薬物の再使用防止を含めた...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)