リオデジャネイロ五輪のカヌー競技で日本人初のメダリストとなった羽根田卓也選手(29)が十三日、練習拠点としてゆかりのある青梅市を訪れ、銅メダル獲得を報告した。腕を磨いた御岳渓谷の思い出を振り返り、二...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)