イランのサレヒ副大統領兼原子力庁長官は11日、欧米など6カ国との核合意の履行に伴う制裁解除を受け、原子力の安全性などの分野で、日本が積極的に関与することに期待を示した。首都テヘランで共同通信と単独会見...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)