「よくやった」。リオデジャネイロ・パラリンピックの柔道男子100キロ超級で徳島視覚支援学校出身の正木健人選手(29)=奈良県天理市=が銅メダルを獲得した11日、家族や恩師は健闘をたたえ、2大会連続の...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)