飛び込みの成年男子高飛び込みで萩田拓馬(静岡ビル保善)が2年ぶり3回目の優勝を遂げた。昨年3連覇を逃した悔しさを今大会にぶつけて王座に返り咲いたが、慢心はない。「課題の多い試合だった。来週の日本選手...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)