リオデジャネイロ五輪の陸上男子3000メートル障害日本代表の塩尻和也(順大)が8日、母校の群馬県立伊勢崎清明高を訪れ、全校生徒約700人を前に五輪出場を振り返り「この経験を“リベンジ”になる次の東京...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)