年間順位で首位の川崎と最下位のアビスパ。結果、内容とも順位通りの完敗となった。残り6試合で、残留ラインの年間15位とは勝ち点11差。試合後の会見に臨んだ井原監督は「可能性を信じて、1戦も落とせないと...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)