最後に悲劇が待っていた。後半42分に2点差を追い付いた磐田が、ロスタイムに痛恨の失点を喫した。ゴール前に放り込まれたボールに、磐田守備陣よりも一足早くレアンドロに触られた。ボールは転々とゴールに吸い...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)