プロ野球セ・リーグで優勝へのマジックナンバーを「1」としていた広島が10日、東京ドームで行われた2位巨人との直接対決を6―4で制し、25年ぶり7度目の優勝を決めた。緒方孝市監督やベテランの黒田博樹投手...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)