東北楽天は9日、コボスタ宮城(仙台市)で、バーチャルリアリティー技術を用いた打撃練習システムの体験会を開いた。  練習はゴーグル型の機器を頭に装着して行う。打席に立った目線で、投手がマウンドから投げ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)