長岡市山古志地域の伝統行事「牛の角突き」で活躍する闘牛1頭が、大相撲の横綱にちなんで「日馬富士号」と命名された。牛は昨年まで沖縄で「横綱」として活躍していた11歳の雄。関係者は、山古志でも横綱級の取...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)