バレーボール女子の日本代表としてリオデジャネイロ五輪に出場した長岡望悠(みゆ)(25)、鍋谷友理枝(22)の両選手が7日、母校の東九州龍谷高校(中津市)を訪れた。準々決勝で敗れたが、温かく出迎えた全...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)