リオデジャネイロ・パラリンピックで初採用のトライアスロン女子に挑む尼崎市の山田敦子選手(42)=アルケア。生後すぐに左目を失明し、右目の視力は現在0・01程度。走ることが嫌いだった山田選手が競技の道...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)