リオデジャネイロパラリンピックを機に、注目度が高まっている障害者スポーツ。さまざまな困難を乗り越えて競技に励むアスリートを側面から支える人がいる。富士市三ツ沢の藤巻進さん(57)は元競輪選手の経歴を...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)