建設の仕事への理解を深めようと鳥取市気高町の宝木小(北村順子校長)の5、6年生25人が6日、近くの山陰道鳥取西道路(全長19.3キロ)の工事現場で建設中の常松(つねまつ)高架橋(約100メートル)を見...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)