東北楽天は1点を追う七回、打線が4点を奪い、点を取られては取り返す展開に終止符を打った。梨田昌孝監督が近鉄、日本ハム時代から積み重ねた通算700勝目を引き寄せたのが中川大志、ペレスの一振りだった。 ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)