岩手国体デモンストレーションスポーツのサーフィンは4日、洋野町種市の種市海浜公園で行われ、県内外の75人が技を競った。東日本大震災を経験したサーファーは復興した会場で繰り広げられる演技を感慨深く見守...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)