2020年の東京五輪に向けて有望選手を育てる県教委の「トップアスリート発掘・育成プログラム事業」の認定式が4日、鳴門市の鳴門渦潮高校であり、3期生として小中学生16人が新たに認定された。  県教委...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)