日銀の黒田東彦総裁は5日、東京都内で開かれた共同通信のきさらぎ会で講演し「マイナス金利の深掘りも、量の拡大もまだ十分可能」と述べ、マイナス金利幅の拡大や国債などの買い入れ増額による追加金融緩和に意欲を...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)