7日開幕のリオデジャネイロ・パラリンピックに山梨県勢として唯一、義足の走り高跳び選手鈴木徹(36)が出場する。20歳で初出場して以来、5大会連続の挑戦。前回ロンドン大会で4位に終わった悔しさを糧に、...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)