JR貨物は、相次ぐ台風による函館線や石北線などの運休の影響で、北海道支社管内に留め置かれている道外向けコンテナ(5トン)が、9月1日時点で2559個に上ることを明らかにした。同社は「道内各地で鉄路が...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)