一回の4得点以降、中押しできなかった東北楽天は七回、足を絡めて貴重な追加点を奪った。  1死から、茂木栄五郎が右前打を放ち、続く今江敏晃への初球ですかさず二盗を決めた。「(サインは)『行けたら行け』...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)