5月の大相撲夏場所で左アキレス腱(けん)断裂の大けがを負い、7月の名古屋場所を全休した関取最年長の37歳で十両の安美錦(深浦町出身)が4日、東京都江東区の伊勢ケ浜部屋で負傷後初めて朝稽古に参加した。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)