リオデジャネイロ・パラリンピックの開幕を前に、京都の障害者シンクロナイズドスイミングの2選手が2~4日、パラでの競技採用をアピールするため、ブラジルのサントスで演技を披露する。日本では京都で発祥して...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)