東北楽天の大塚は、九回を三者凡退の無失点でしのいだ。大差で負けている展開だったが、8月31日の日本ハム戦に続く好投で中継ぎ左腕としての存在感を示した。  松田、明石を連続三振に切って取った後、続く...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)