家も近所で子供の頃から交流があった2人の卓球選手が、五輪の大舞台でメダルを手にして故郷に凱旋(がいせん)し、沿道で3万人余の市民が祝った。リオデジャネイロ五輪卓球メダリストの水谷隼、伊藤美誠の両選手...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)