思い出のあの店は今-。昭和30~40年代の商店のマッチ箱を手がかりに、野辺地町の中心街を巡るイベントが3日に開かれた。参加者らは、高度経済成長期に北部上北の中心地として栄えた街の様子を思い浮かべなが...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)