勝利への執念は見せた。代表初出場の大島(川崎、静岡学園高出)と代表通算100試合目の長谷部(アイントラハト・フランクフルト、藤枝東高出)が中盤の底で組んだ一戦。静岡県勢ボランチコンビの奮闘むなしく、...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)