2020年東京五輪招致の不正疑惑で、招致委員会がシンガポールのコンサルタント会社と結んだ総額2億円超の契約に違法性はないと結論付けた日本オリンピック委員会(JOC)外部調査チームの早川吉尚座長(弁...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)