状態を上げてきた中田は、淡々と自身の仕事を遂行した。5点ビハインドで迎えた三回。3番・大谷の適時打に続いた。一死一、二塁で迎えた第2打席。「しっかりつなげようという意識で打席に入った。それだけだね」...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)