三十日に亡くなった体操女子選手チャスラフスカさんは1964年の東京五輪で、日本人を華麗な演技で魅了して「五輪の名花」「東京の恋人」と愛された。自身はその後、日本に励まされ、支えられながら、信念を貫く...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)