復活を高らかに告げるラストスパートだった。残り300メートルで前を追い始めると、最後の30メートルは高校最後の夏に懸ける思いを爆発させた。執念で先んじた0秒13差。前評判を覆して陸上女子1500メー...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)