東北楽天の聖沢が八回1死満塁から、投手戦の均衡を破る2点適時打を放った。決勝打となった一打に「犠飛狙いだったが、ヒットになって良かった」と笑顔を見せた。  5月上旬、リーグ首位に近い高打率で規定打席...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)