見かけは機械そのものだが、手や指が滑らかに曲がったり、口を開けて話しているような表情を見せたりする人間型ロボット「機械人間オルタ」を大阪大と東京大のグループが開発、東京都江東区の日本科学未来館で29日...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)