4年ぶりに夏の県大会決勝に進出した宇部鴻城。2回目の優勝には手が届かなかったが、頂点を争う舞台でも中軸の3年生が要所で犠打を決めて好機を広げるなどこれまで培ってきた普段通りの野球を貫いた。 相手に...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)