二回途中から登板。アウト二つを取り、適時打を含む安打2本を打たれて、横浜隼人の背番号1の夏が終わった。「調子は悪くなかったし、冷静に、イメージ通りに投げられた。でも相手が上だった」  195センチ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)