利府の主戦木村が決勝で力尽きた。四回に東北打線につかまって2点を先取され、続く五回は先頭杉沢への頭部死球など制球を乱して途中降板。計4失点し、「死球は手元が狂った。疲労がなかったとは言い切れない」と...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)