◎コールド21試合、実力差拡大  宮城大会は、東北が決勝で利府を破って72チームの頂点に立ち、幕を閉じた。東北は準決勝で前年覇者の仙台育英を延長十一回の熱戦の末に下し、主戦で3番打者の渡辺を中心に...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)