第98回全国高校野球選手権神奈川大会は二十七日、準々決勝2試合が行われ、慶応と桐蔭学園が準決勝に駒を進めた。昨年夏に全国優勝した東海大相模は、涙をのんだ。  慶応は一回、正木智也選手(二年)の3点...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)