38歳の誕生日を迎えた東北楽天の後藤光尊が7番二塁で先発し、2安打1打点と勝利に貢献した。  二回1死一、三塁、二ゴロの併殺崩れの間に、三走アマダーを生還させた。「チャンスで(安打を)打てないのは駄...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)