3-2の七回に登板した東北楽天の福山博之が抜群の運動神経による好守で観客を沸かせた。味方の失策で招いたピンチを無失点でしのぎ、流れを呼び込んだ。  左翼ペゲーロの落球で1死二塁を背負い、内川聖一を迎...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)