東北楽天が逃げ切った。打線は二回1死一、三塁から後藤光尊の内野ゴロで先制すると、三、四回にも1点ずつ加点。3-2の七回にはウィーラーの2ラン、ペゲーロの適時打で突き放した。五回途中で降板した先発釜田...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)