4―2で中村下す  第98回全国高校野球選手権県大会最終日は7月27日、春野球場で決勝を行い、明徳義塾が中村を4―2で退け、7年連続18度目の優勝を果たした。  明徳は一回裏、3番西浦颯大選手の右...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)